シンクロニシティー研究会認定 アドバイザーの

しばりょーです。

今日は『そもそも』のこと

マヤ暦って? 

について書いてみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

★マヤ暦って?★

『マヤ暦』は4000年の昔、古代マヤ文明で使われた暦の総称です。

数学や天文学に長けていたマヤの人たちは17~19種類の暦を使い分けていました。

そして、その中の260日サイクルの『ツォルキン暦(神聖暦)』を用いて神官はその日のエネルギーや人のエネルギーを知り儀式をつかさどっていました。

その暦を私たちは『マヤ暦』と呼んで、いま 学び皆様と共有し 日々役立てようとしています。

★どう役立てるの??★

なぜ神官は儀式をつかさどるために『ツォルキン暦(神聖暦)』(=マヤ暦)を用いていたのでしょう。…

そこにはマヤの人たちの時間に対する思想の根幹がつまっているからです。

 

マヤの人たちは『時間』は刻むものではなく、『意識・エネルギー』ととらえていました。260日の一日一日に意味やエネルギーの違いがある という考え方です。

 

私たちは生まれた日の持つエネルギーに大きく支配されています。

私たちはどのような人生を送ろうか?自分の望む人生の目的のために

最もふさわしい日を選んで生まれてきているのです。

 

ということは、私たちは生まれた日がどのようなエネルギーが流れていたか?を

知ることで、自分の生まれてきた目的(ミッション)、本質、方向性を知る事が

できるのです。本当の自分と出会い、本来の役割を知ることができる…それが

マヤ暦です。

 

★どんなことがわかるの???★

マヤ暦には吉凶がありません。

占いのカテゴリに入れられていることが多いですが、占いでもありません。

なぜならそれは、上記に説明したとおり。

目には見えないエネルギーを知り、紐解くことで

生まれたその日のエネルギーによる ご自身の本質、方向性、才能、役割を知り

ご家族や気になる方との相性を知ることもできます。

また13年ごとの人生の流れや

今年のお誕生日のエネルギーによって、その一年間の方向性、テーマを知る

ことができます。

 

実際、私自身もマヤ暦を知るまでは

対人関係でモヤモヤすることもありましたが

お誕生日を教えていただくことによって、その方の考え方の癖などがよく理解できて

『そう考えはるのもしかたないな~。だったら仕方ないわー』と

一歩引いて考えられるようになりました。

そう、悩みにとらわれることが大きく減ったのです。

そして自分の癖や得意分野など、本当の自分、本来の役割を知って

とても生きやすくなりました。

 

 

マヤ暦に触れてみられませんか?

心が軽くなるお手伝い♪♪ ぜひぜひさせてください