9/7、青森県西目屋村、日本ダム協会主催の津軽ダム本体建設工事見学会に行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20130921215831j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224511j:image:w400
集合場所は白神山地ビジターセンター
見学行く前にここで担当の方から説明を受ける。


f:id:kazu_ma634:20130921224512j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224513j:image:w400
まずは現在設置されている展望台へ。
津軽ダムの建設現場を一望できる。
ここは一般の方でも予約なしで見学できます。


f:id:kazu_ma634:20130921224515j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224516j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130922071631j:image:w400
ダム建設にはどっかからコンクリートを調達してこなければならないのですが、津軽ダムの建設ではすぐ近くで原石を採掘し、その場でコンクリートをつくってしまいます。
写真はコンクリート採掘現場の様子。
主な原石は玄武岩のようですが、一緒に水晶なども出てくるようです。
記念に貰ってきました。(許可得てます)


f:id:kazu_ma634:20130921224517j:image:w400
手前に見えるのが目屋ダム、奥に見えるのが津軽ダム
津軽ダムが出来上がると目屋ダムは役目を終えて、水の中に沈みます。
ちなみに津軽ダムは建設途中ですが、完成後の高さは左上の山の斜面の地肌がむき出しになっているところまでになります。


f:id:kazu_ma634:20130921224514j:image:w400
このコンクリートは現在現役の目屋ダムの一部を切り出したもの。


f:id:kazu_ma634:20130921224518j:image:w400
地元FM局、アップルウェーブの同行取材がありました。
この模様はネットで公開されています。→リンク(視聴には会員登録が必要です)


f:id:kazu_ma634:20130921224519j:image:w400
沈んでしまう予定の目屋ダムの天端*1。


f:id:kazu_ma634:20130921224520j:image:w400
目屋ダムの天端から見た、津軽ダム
もう既に目屋ダムより高い。


f:id:kazu_ma634:20130921224521j:image:w400
目屋ダムの天端から見下ろす。


f:id:kazu_ma634:20130921224522j:image:w400
ダム湖、美山湖
津軽ダムが出来たらダム湖の名前も変わるんだろうか。


f:id:kazu_ma634:20130921224523j:image:w400
右が目屋ダムで左が津軽ダム
このように新旧のダムがこのように接近して作られるのは珍しい。
たいてい離れたところに建てられるので。


f:id:kazu_ma634:20130921224524j:image:w400
津軽ダムの上部にやってきた。
真ん中を走っているのが監査廊でそこに入ることが出来ました。


f:id:kazu_ma634:20130921224525j:image:w400
津軽ダムの監査廊。
蒸し暑い。
コンクリートの熱が伝わってきている模様。


f:id:kazu_ma634:20130921224526j:image:w400
こちらは目屋ダムの監査廊。
こっちは涼しい。
左に配線が見えると思うが、目屋ダムで使っている計器類を津軽ダムの建設でも活かすために配線している。


f:id:kazu_ma634:20130921224527j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224528j:image:w400
モータープール*2。
46tダンプで、人よりもタイヤのほうが大きい。
運転席も見ることができた。


f:id:kazu_ma634:20130921224529j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224530j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224531j:image:w400


f:id:kazu_ma634:20130921224533j:image:w400
最後に下流部から津軽ダムを見る。


f:id:kazu_ma634:20130921224532j:image:w400
津軽ダムのふもとには発電所も造られている。


f:id:kazu_ma634:20130922071336j:image:w400
ダムカードも貰った。
現在のところ見学した人がもらえるらしい。
建設が進むたびにバージョンアップしているらしいが、既にVer.8なのには驚いた。


関連リンク

  • ダム便覧
  • 津軽ダム工事事務所
  • アップルウェーブ

*1:ダムの一番上の部分

*2:重機の駐車場

湘南ゴールド・はるか・レモン・いよかん・ネーブル♪

 

 4月9日(土)に、実家に行った際にもらった柑橘類たち ♪

 

 f:id:par321:20160416200410j:plain

 

 

 外観は、売られている物のようにとっても美しいというわけではないけれど、父が作ったというだけで私には安心・安全。しかも土にこだわって作っているので、とってもおいしい!!

 

 

f:id:par321:20160416200440j:plain

 

 

 父が種類がわかるようにと書いてくれたメモも、味わいがあって気に入っています ♪

 

 

f:id:par321:20160416200526j:plain

 

 

オレンジが「ネーブル」、黄色の大きい方が「はるか」

 

 さわやかな甘みでおいしいです。

 

黄色の小さい方が「湘南ゴールド」

 

 湘南ゴールドは、スーパーなどでは意外と高く販売されています。

 

 以前同僚に、父の柑橘類いろいろセットをプレゼントしたら、とても喜んでくれました。特に「湘南ゴールド」を初めて食べてすごく美味しかったとのこと。また良いものが手に入ったら周りの皆さんに差し上げたいです。

 

 写真は16日(土)に EOS Kiss X2で撮影しました♪

 

www.pref.kanagawa.jp


にほんブログ村

https://www.behance.net/gallery/43024549/1080P-HD-Snowden-2016-Online-Stream-F-ree

<ここ3カ月でやってよかったこと>

 ここ3カ月で新しく挑戦してきたことで、やってよかったなと思うことがあります。

それは、美容院での定期的なトリートメント、歯の治療、掃除です。

 

それまでは、自力ではどうにもならないぼさぼさの髪にイライラし、歯の違和感にイライラし、掃除ができない自分にイライラしていました^^;

 

イライラしてストレスをためると、何かを無性に買いたくなってしまったり、食べることでストレスを解消しようとしたりと、自分にとっていいことがありませんでした。

 

ストレスをためることで、結局無駄なものにお金を使ってしまうよりも、ストレスをためないことにお金を使う方が有意義だし、気分良く過ごせるなと気づいて、少しずつストレスに感じることを減らすことを意識して暮らし始めました。

お金を使わない・物が少ない暮らしをするためにはストレスをためないことが重要です! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

 

<美容院での定期的なトリートメント>

 

自分で試行錯誤してきれいな髪を手に入れたいと頑張っていたけれど、私の髪質は自分の力ではどうにもきれいにならず・・・。いろんなトリートメントを試しましたが、なかなか「これ!」というものに巡り合えないので、それなら自分に合ったトリートメントをしてくれる美容院に定期的に通おうと思って、美容院通いを始めました。それまでは、美容院には半年に一回行くか行かないかというずぼらぶり^^;

ヘアケアはプロにお任せ!髪がきれいだと顔色が明るく見えます!全体の清潔感もアップ! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

現在は、1カ月に1度くらいの頻度で美容院でトリートメントをしてもらっています。髪がつやつや、サラサラになったことで毎日が楽しいです!毎日ぼさぼさの髪を見るのも嫌だったので、髪がきれいになっただけでもすごく気分よく過ごせます。

 

もっと早く美容院でトリートメントしてもらえばよかった。30歳を超えて気づくなんて、人生損してた気がします。毎月通えばお金はもちろんかかるのですが、私の中で髪の毛をきれいに保つことは優先順位が高いことなので、そこは惜しまずお金を使おうと思います。

 

 

<歯の治療>

 

長いこと歯に違和感があったのですが、「自分で見たところ虫歯もなさそうだし」、「歯医者さん怖いし」と、何年も行っていなかった歯医者さんに歯石を取ってもらうだけと軽い気持ちで行ったら、親知らずの虫歯が発覚。

 

その虫歯を抜歯したら、長年悩んでいた頭痛が治りました^^;長年頭痛で重かった頭がすっきりして、なんだかいろんなことに挑戦したくなりました!

体の不調をなくせば、フットワークが軽くなる!慢性的な体の不調の原因を解消して、やる気アップ! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

歯石も取ってもらって、口の中もさっぱりして気持ちいいです。歯医者さんは定期的に通った方がいいですね^^

 

 

<掃除>

 

こちらのブログでも書いていますが、最近掃除を意識的に頑張っています。掃除苦手で、掃除がしやすいように物が少ない暮らしをしているのですが、物が少ないからと言って、急に掃除好きに変身できるわけでもなく・・・。

 

毎日少しずつ、掃除をしてブログで報告させてもらうことで、掃除への苦手意識がなくなってきました。きっと慣れれば、楽しくなるんじゃないかなと期待しています。

<今日の掃除>網戸掃除、床拭き、洗面台の掃除しました。掃除は慣れで楽しくなる? - 物を減らして、すっきり暮らす!

私が掃除が苦手な理由。掃除を続けるための工夫を考えてみました。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

やはり、きれいになった部屋で過ごすのは気持ちいいです^^

 

 

<まとめ>

 

ストレスに思っていることがなくなっていくことで、毎日が楽しくなってきました。

 

ストレスに思っていることを放置していたときは、そのことが毎日ずーっと気になって、新しいことにも取り組めないし、集中力もありませんでした^^;

 

ストレスに感じていることがあったら、まずはそれを解消しないと、なかなか新しいことに挑戦できない気がします。

 

これからは、ストレスに思っていることは早めに改善策を見つけて、行動に移していきたいです!

 

せっかくの人生だから、楽しく生きていきたいですよね^^

 

スポンサーリンク

 

 

 

どんな事からも何かしら学び取れる人は最強だと思うんですよ。

学力を「学ぶことができる力」、「学べる力」としてとらえるべきだと考えています。(学ぶ力 (内田樹の研究室))

と内田樹さんも言ってますしね。笑

 

以前から単なるマンガの感想ではなくて、読んだ人のためになる記事を書きたいと思っていました。ということで、『マンガから学ぼう!(仮)』第1弾といたしまして、今回は『ダンジョン飯』というマンガを取り上げます。

 

目次

1-1 『ダンジョン飯』はどんなマンガ?

1-2 「想定力」が大事

 

2-1 「想定力」とは「もし〇〇だったら」と考えられる力

2-2 「想定力」が身につくと、段取りがうまくなる?

2-3 「想定力」が身についていないと、チャンスを失う

 

3-1 「想定力」はどうやって身につける?

3-2 「想定力」を鍛えている勝間和代、齋藤孝の実践例

 

『ダンジョン飯』はどんなマンガ?

先日、『ダンジョン飯』というマンガ読んだんですよ。読んでいない方のために軽く概要を説明したいと思います。 未読の方はこちらも参考にどうぞ。 

RPGの世界で生きるとはこういうこと。『ダンジョン飯』は生活感満載のグルメマンガでおもしろい (九井諒子) - いろどりぷらす

『ダンジョン飯』読んだらこれをやれ!生きるために何でも食べる『ダンジョンマスター』 - いろどりぷらす 

 

どんなマンガなのかというと、ダンジョンの奥に仲間をとらわれてしまった上に、一文無しになった主人公たち。一刻も早く仲間を助けるために奥へ進まなければならない。いちいちお金を稼いでいる時間はないので、食料はダンジョン内で調達しよう。モンスターを食べて生きていこう、というのがあらすじです。

 

このマンガがおもしろいのは、普段は「架空の世界だから」ということで見過ごされてしまうゲームの世界を、現実のものと想定して描いているところにあります。たとえば、このスライムの描写。  

f:id:irodoriplus1:20150128221811p:plain*1

スライムを架空のモンスターとして捉えるのではなく、生物学的に描いています。ゲームをゲームとして楽しむだけではなく、「これが現実だったらどうなるんだろう」と想定したからこそ、こういうマンガが描けたのでしょう。 

 

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))

  • 作者: 九井諒子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン
  • 発売日: 2015/01/15
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

「想定力」があるとデキる人になれる

この想定する力が仕事においてもとても大事なポイント。「仕事ができる」ということにはいろんな捉え方がありますが、そのうちの1つに、短時間で高い生産性を発揮できる人、という捉え方があると思います。

 

僕は大学生なので週5日働いているわけではありませんが、ある程度大きな組織で活動をしています。自分の周りで「仕事ができる」と言える人は、短いミーティングの時間で意味のある決定を導いたりできる人です。想定力を高めて、たくさん段取りの法則を身につけることで、効率よく仕事ができる人になれます。 

 

「想定力」とは「もし〇〇だったら」と考えられる力

想定力とは一言で言うと、いろんな「もの」、「こと」を見て「もし○○だったら」と考えられる力のこと。

 

たとえば、朝7時に最寄り駅で会社に向かう電車を待っていたとする。そこで考えてみる。もし、自分が電車の車掌だったら、と。どうやって、あれだけ時間も位置も正確に停車できるのだろうか。操縦席から見える景色になにかしらの目印があって、「あの白い長い建物を通過したらブレーキをかけ始める」と決めてるのかもしれません。 

 

雑誌を手にとった時は、「この記事はどういう過程を経て作られたのか、なんでこういう表紙の見せ方にしたのだろうか」と制作側に立って考えてみる。ブログを読んだら、「なぜこんな構成にしているのか、なぜこの題材を扱っているのか」と考えてみる。

 

 このように「もし◯◯だったら」と、たくさんの状況を想定すると、自分の中に「こういう状況だったらこう振る舞う」というような行動のパターンが溜まっていくことになります。だから、目の前にある結果からプロセスを何度も思考、検証する習慣があると、必然的に段取りがうまくなってくる。

 

結果からプロセスを推測し、頭のなかで何度も検証するトレーニングをすることで、今度は自分が仕事をするときにプロセスと結果がすぐ結びつく。(『段取り力』齋藤孝 p.34) 

段取り力

段取り力

  • 作者: 齋藤孝
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2003/11/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 130回
  • この商品を含むブログ (43件) を見る
 

 

「想定力」が身につくと、段取りがうまくなる?

段取りがうまい、というのは物事をスムーズに進行させられるということ。たとえば、飲み会の企画を任されたとする。予約を取るだけなら、何も知らなくてもできるでしょう。時間、予算、人数などの要望を満たすお店を見つけて、電話をかければいい。

 

しかし、いざ飲み会が始まるとなると、どこの席に誰が座るか、誰がどのタイミングで乾杯の音頭をとるのか、といったことを事前にいろんな状況を想定し、対策を考えられているかどうかで、段取りの良さが表れます。

 

飲み会であれば、その場のノリで済むかもしれない。けれど、会社の大きなプロジェクトを進めるときに、その場その場で考えるのではなくて、事前にいろんなプロセスを頭の中でイメージしたことがある方が圧倒的に生産性が高くなります。

 

「想定力」が身についていないと、チャンスを失う

「想定力」のある人は、段取りよくスムーズに物事を進められる上に、チャンスをつかめる。しかし逆に、「想定力」がないとチャンスを逃してしまう。

 

僕の中で「想定力」がないがゆえにチャンスを逃してしまった象徴的なイメージは「QBK」という言葉にあります。「QBK」とは「急に ボールが 来たので」の略。2006年のFIFA ワールドカップドイツ大会で、対クロアチア戦の後半に決定的チャンスを外してしまった柳沢選手の発言としてネットで話題になりました。

 

 

もちろん、この状況の場合は疲れで足が動かないといった要因はあるでしょう。しかし、ゴール前に自分が立っていて、右側のペナルティエリア手前にボールをもった味方がいたら、何かしらのタイミングで自分の足元や目の前にボールが来るかもしれない。これが想定できていたとしたら、「QBK」のような発言をせず、ネット上でいじられずに済んだかもしれません。

 

大体、チャンスは急にやってくるものです。自分の準備が完璧に整った状態で「よし、こい」と思った時にタイミングを見計らってチャンスがやってくる、なんてことはまずありません。いろんな状況を想定できるようになりましょう。

 

「想定力」はどうやって身につける?

では、こうした想定力はどうやって身につけられるのか。僕が実践している例よりも、世の中ですでに活躍されている方が実践している例を取り上げたいと思います。

 

「想定力」を鍛えている勝間和代、齋藤孝の実践例

1. 勝間和代さん

私のお薦めは、毎朝と1週間の始めごとに時間をとって想像訓練を行うことです。

 

毎朝スケジュールを確認しますが、そのときにこれから誰とどんなふうに会って、どんな会話をして、何を準備しておくべきかをざっとでいいので考えて想像します。(『起きていることはすべて正しい』勝間和代 p.223)

想像訓練のやりかたは人によって違うと思いますが、私はこれらを画像でイメージしています。この人とこんなふうにあって 、こういう会話をしながらなど、相手の顔や会う予定の会社の会議室などで、想像するのです。

 

相手にこのような提案をしなければならないとか、自分はこの本を持っていこうとか、このような話をしなければいけないから、プレゼン資料を準備してこのように説明しようとか、頭のなかでリハーサルをするのです。(『起きていることはすべて正しい』勝間和代 p.224) 

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

  • 作者: 勝間和代
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/11/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 14人 クリック: 194回
  • この商品を含むブログ (233件) を見る
 

 

2. 斎藤孝さん

テレビを見るときも、番組がどういう構成で進んでいるのか、裏ではどんな仕込みが行われているのか考える。(『段取り力』齋藤孝 p.172)

目の前にあるものをきっかけにして、「自分が制作側だったら」という想定でイメージをふくらませるということですね。

 

質の高いヒット商品が生まれてくる段取りを見て、モノの作り方を学びたいと思ったのだが、メイキングビデオをうまく使うと裏段取りを見抜く目が養われる。(『段取り力』齋藤孝 p.172)

単に、自分でイメージするだけではなくて、実際に裏側でどんなことをしているのか見せてくれるメイキング映像を見ることで、自分とは違う環境にいる人の立場が想定しやすくなる。 

 

3. 九井諒子さん

最後に、この記事の取っ掛かりになった『ダンジョン飯』の作者である九井さんの想定力を見てみましょう。これはあくまで想像です。『ダンジョン飯』の中には、『ダンジョンマスター』『ウィザードリィ』といったゲームを感じさせる要素が見受けられます。

 

おそらく、ゲームをプレイしているときに、「もし自分がRPGの世界に住んでいるとしたら」というように現実の世界として考えてみたのではないかと思います。もちろん想像でしかありません。けれども、そういう想定のストックがあるからこそ『ダンジョン飯』だったり『ひきだしにテラリウム』といった異色の世界が盛りだくさんの作品が描けるのでしょう。

 

おわりに

 

・「想定力」とは「もし〇〇だったら」と考えられる力のこと。

・様々な状況を想定する力を身に付けることで、生産性が上がる。

・訓練をすれば、「想定力」は身につく。

 

というのが、この記事の主旨です。企画的に仕方がない部分もありますが、若干こじつけ感があるのは否めないですね。けれども、こうやって考えるのはけっこう楽しかったので、何回か同じようにマンガから何かを学ぶ、という記事を書いてみたいと思います。最後まで読んでくださってありがとうございました。何かしら役立つようなことがあれば幸いです。 

 

「想定力」が気になるなら、こちらはいかがですか。

好きなことを仕事にしたいですか? - いろどりぷらす 

いいアウトプットをするためにはメモをとるな? - いろどりぷらす

『探す』は人の成長を促す - いろどりぷらす

 

*1:『ダンジョン飯』1巻 p.30

このエントリーが荒れ気味である。

 基本的にアイテムを多額購入したというエントリーは荒れるリスクが高いものであるが、それ以上に揉めている印象である。

どう揉めているかは読者に直接見てもらうとしてもう結論から書いてしまうと、

資源をエメラルドで買うのはアカン

ということである。
クラクラをしたことがある人ならすぐわかるがこのゲーム、資源を直接買うのはスーパーぼったくりレートに設定されている。

しかし「攻めるのがどうしても苦手で……」という人向けにシールド購入+ポンプブーストというちゃんとした道が残されているのである。これでも攻めて略奪するよりは割高であるが、直接買うよりめっちゃくちゃ安い。

せっかくなので計算しよう。例えば黒ジャイ・ドクロバルーンの研究には600万エリクサーが必要である。これを、ゼロから貯めるとしよう。
(めんどいので1エメラルド=1円とする)

直接買う場合

600万エリクサー = 1933円

※根拠
Gems - Clash of Clans Wiki

これに対し、

シールド+ポンプ2倍 = シールド100円(5日間)+ポンプ2倍60円*6日+142時間

である。なんと460円。
もちろん142時間はしょっぱいが、同時にゴールド・ダクエリも生産されていくのでそこまで捨てたもんじゃない。平行で大工工事も進んでいく。
事前に200万エリクサーくらい貯めておくと残り400万で時間は95時間にまで短縮される。2倍も4日分になるから合計340円だ。
じゃあ400万エリクサーを直接買うと1400円でやっぱり勝負にならない

上記サイトは毎回毎回資源を直接購入していたのであっという間に10万円分を使い切ってしまったのであった。かくして揉めた次第である。

何?エメラルドをどう使おうと自由じゃないかって?
そうは思わない

パズドラの話であるがコスケの「お願いだからノマダンでコンティニューするのはやめて!ホントに!」というやつである。

あまりにも効率が悪いのである。というか資源を略奪するというゲームのコンセプトが崩壊しているというのもある。
というわけでエメラルドは基本兵舎ブーストと工事短縮をメインに使うのがオヌヌメだ。もちろん仕上げのシールド+ポンプブーストもアリである。

みなさま、こんばんは。
いつもアクセス、ありがとうございます。
今日も昨日の文化の日にひきつづいて、雲がほとんどないさわやかな青空の一日でした。
+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

本日のPICKS☆

f:id:ouvea:20151104211405j:plain

世界的に愛されるプレミア ジュエラーとして 175 年以上の歴史を誇るティファニーより、2つの限定スペシャル☆

ティファニーはロンドン、 ニューヨーク、 そして銀座の3都市のドーバー ストリート マーケットにて、期間限定のコレボレーションスペースをオープン。
ティファニーが他のショップとパートナーを組んでカプセルコレクションを手掛けるというコラボレーションは、 歴史上初めてのこと。

さらに、長年にわたるティファニーの象徴ともいえるブルーボックスに白いリボンのパッケージが、このコレクションに限り、黒のリボンに変わります。
http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=365

ティファニー、ホリデーシーズンの日本限定アイテムが11月14日より数量限定で登場。
http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=365

 

゚・*:.。. ☆.。.:*・゚

こちらでも、「えつらく」の発信をキャッチできます。

Twitter 

twitter.com

Facebook 

www.facebook.com

 

これまでずいぶんたくさん映画を見てきたけれど、自分が10代の頃(というとそのまま90年代)に繰り返し見ていた映画というのは、ずっとあとになっても深い印象が残っているものです。

『恋する惑星』『天使の涙』『トレインスポッティング』『デスペラード』『パルプ・フィクション』『トゥルー・ロマンス』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『レオン』『ユージュアル・サスペクツ』『キッズ・リターン』などなど……。

というわけで、高校時代の僕のヒーローは金城武とユアン・マクレガーとアントニオ・バンデラスであり、悪役はもちろんケヴィン・スペイシーであり(あの強烈な役以降どの映画に出ていても悪人にしか見えない)、アイドルはナタリー・ポートマンとフェイ・ウォンだった。ユマ・サーマンは高校生には刺激が強すぎた。

 

最近、といっても去年かおととし、テレビで『恋する惑星』がやっていたので久しぶりに見てみたら、おもしろかったしフェイ・ウォンは相変わらずかわいかったのだが、これってがっつり犯罪映画だよなと思った。

ストーリーはいくつかの話が交差していく形式で、その中に飲食店で働くウェイトレスのフェイ・ウォンが、常連客の警官のトニー・レオンに恋をするというのがある。そこまではいいんだけど、彼女は気持ちをストレートにぶつける代わりに、警官の留守中に彼の家に忍び込んで、勝手に水槽に金魚を入れたり、歯ブラシを交換したり、ベッドで髪の毛を見つけて喜んだりする。もうやりたい放題。挙句の果てにはトニー・レオンと恋人が話しているところに近づいて恋人の髪の毛をさわったりするし。

ちょうどそのシーンがあったので貼っておく。フェイ・ウォンの歌もいいね。

 


恋する惑星 Faye Wong フェイ・ウォン 夢中人

 

ストーカー行為とか不法侵入とか器物破損とか、いろいろな犯罪が組み合わされているのもすごいが、それをポップに見せているところもある意味すごい。10代の頃に何度もこの映画を見たけれど、そんなことはちっとも気づかなかった。たぶんフェイ・ウォンに見とれてばかりいたからだ。恋は盲目ってやつですね。

今回あらためて見返してそんな当たり前のことに気づきつつ、それでも見たあとに幸せな気持ちになれるいい映画だった。クリストファー・ドイルの映像は今見ても最高にかっこよかった。

皆様おはようございます。haruです。

 

暑さが少し落ち着いてくれてうれしいです。

 

さて、本日のお題は「提案立案やコンテンツ作りをどうするか」です。

 

私は、営業出身なのでどうしても顧客に会うことを最優先しており、それ自体は間違いではないとかんがえているのですが、そうこうしていると提案やコンテンツを作るのは、完全に17時以降となります。

 

ある意味ここが中小企業診断士の腕の見せ所だったりするのですが、なかなか時間が取れなくなってきます。

 

最近のharuの1日としては、昼間はもっぱら会社訪問、夜報告書や提案書を作り、終わるのが大体22時くらい。企業だったらブラック企業ばりです。週休1日も取れていないし。。。

 

問題は、かなり疲労した状態で提案立案を行っているので、あまりクリエイティブなアイデアが浮かばないということです。

 

理想は、朝5時くらいに起きてフレッシュな脳でやるべきだとは思うのですが、毎日燃え尽きるまで仕事してから寝ているので、あまり早起きできません。

 

もっと効率的にやなねばなぁ。。。

 

もちろん、夜は早く寝て翌朝やるべきという考え方もあるのですが、社長ヒアリングの情報の鮮度が高いうちにまとめてしまいたいという気持ちが先行します。

 

翌朝の方が、情報を整理しやすいのはもちろんですが、社長の熱量というかグルーヴが少し薄くなってしまいます。

 

アウトプットを作る時間も加味したタイムマネジメントが求められますね。

そうじゃないと、「あいつ口では調子いいこと言っておきながら、提案書はこれかよ」

になってしまいそうですので。。。

 

とにかく頑張ります。